Fukuta, J. (2013). Representation of Japanese Lexical/Syntactic Compound Verbs in L1 Japanese and Chinese learners of Japanese: Evidence from a Lexical Decision Task. Acquisition of Japanese as a Second Language (『第二言語としての日本語の習得研究』), 16, 125-141.

論文が出ました。本当は冊子が手元に届いたらエントリを上げようと思っていたのですが,発行から一ヶ月以上たっても届かないのでもう上げることにしました。

Fukuta, J. (2013). Representation of Japanese Lexical/Syntactic Compound Verbs in L1 Japanese and Chinese learners of Japanese: Evidence from a Lexical Decision Task. Acquisition of Japanese as a Second Language (『第二言語としての日本語の習得研究』), 16, 125-141.

日本語における複合動詞(e.g., 禿げ散らかす)の表象について,L1日本語話者とL2日本語学習者(中国語話者)による語彙性判断課題の結果を比較しました。日本語学で言われている二種類の(語彙的・統語的)複合動詞の表象に関して,PinkerのDual-mechanismが適応されるという先行研究に対して,L2学習者の知識表象に関しては両方ともなんかこう確率論的学習が働いてるっぽいんじゃないか的な結果を提示しています(論文ではもうちょっとちゃんとした言い方をしています)。

内容としては,コーパスでいろんな条件を統制して,頻度効果を元にちょっとトリッキーな心理実験を組んでいます。自分としてはけっこう気に入っている研究です。日本語教育に直接貢献する研究というよりどちらかというと心理言語学的なアプローチのSLAなので,英語で書きました。

Dual-mechanismとかDP理論とか確率論的学習とかに基づく心理言語学的な文法習得研究には興味はあったのですが,これが初の研究となりました。『第二言語としての日本語の習得研究』は『日本語教育』と並んで日本語教育の分野ではインパクトのある学会誌なので,同じタイミングで二本載せることができたのは大変嬉しいです。

そろそろ英語の習得のほうもだんだんいい結果が返ってくるようになるといいんですが・・・w

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中