【論文】Fukuta, J. (2015). Effects of task repetition on learners’ attention orientation in L2 oral production. Language Teaching Research.

Language Teaching Research(LTR)のOnline Firstに,採択された拙論文が載りました。初の国際誌です。

Fukuta, J. (2015). Effects of task repetition on learners’ attention orientation in L2 oral production. Language Teaching Research.

http://ltr.sagepub.com/content/early/2015/02/17/1362168815570142.abstract

修士論文の直後からデータを集めて,JASELE北海道で発表した内容です。

修論で考案した手法を用いて,これをTask repetitionに適応したら,先行研究で見られなかったものが見れて違った結果がでるのではないか?と思いやってみると,先行研究と全く同じ結果になりました,という研究です。ぶっちゃけあんまり新しい知見はないのですが,task repetitionにおける注意の方向性の変化を直接的に測定することを試みた研究はなかったので(パフォーマンスからindirectにそれを推論したものはそこそこある),タスクの繰り返しをやっている方は指導後のパフォーマンスの変化をディスカッションするときにtheoretical rationaleとして引用して頂けたらありがたいです(宣伝)。

これを投稿した2014年は実に調子の悪い年で,博論もまったく進まないどころか後退を繰り返し,投稿論文は6回連続リジェクトされ,年間エディターキック記録3回(最も時間のかかったエディターキック:6ヶ月),最速リジェクト記録10日,アクセプトない歴9ヶ月,年間最高リジェクト記録を7に伸ばした年でした。

身の丈に合わないところに投稿していたといわれればそれまでですが,もちろん別に国際誌にばかり投稿していたわけではなく,前年(2013年)に通ってたところにも落とされていたので,なんか落ちグセみたいなのがついていたのかもしれません。あと憑いていたのかもしれません。落ちた落ちたと言っていましたが,べつにダメでもいいやと投げていたわけでもありません(それはエディターや査読者の方に失礼なのでそこは強調したい)。ちゃんと毎回通す気で出してるんです,ええ。

居酒屋にいってはタムラに「今出してるやつ全部落ちたらもう査読なし論文しか書かないお・・・」とか弱音をはいて「ほらまだ落ちてないじゃん・・・」「ほらまだLTRあるじゃん・・・」とか慰められるのを繰り返し,そろそろ彼の慰め言葉も底をついてきたのか,あまりにもネガティブ発言を繰り返しまくる私に彼が「ネガるのやめい」としか言わなくなってきたのが年末あたり。

年末(それこそ31日)から実家に帰って全く研究をしない数日間を久々に過ごしたのですが,1/3に父親の実家である岐阜に車で移動中に,LTRから “accept with minor revision”の連絡がきました。

この論文は2回major revisionを行っていて,一回目にA4で20頁くらいのレビュアーコメントを頂き(箇条書きで40以上あったきがする),二回目に新しくでかい修正を求められており,コメントも厳しかったので,2回目もらった時点で「これは載らんだろう」という気分になっていたのですが,頑張った甲斐がありました。

しかし厳しい大量のコメントを見ながら,こんなに細かくしっかり原稿に目を通して頂いたのだからちゃんと真摯に修正しなければという気持ちになりました。査読のやりとりが多いジャーナルほどコメントは多くて細かいですが,そういったジャーナルのレビュアーの方々には本当に頭が下がる思いです。この原稿も査読の中で驚くほど良くなりました。謝辞で感謝を述べたくなる気持ちもよくわかります。

この研究は生前の前田先生にいろいろ相談に乗って頂いた最後の研究となりました。それまでもご相談させて頂いた研究はあったのですが,先生のお人柄などを考慮して謝辞に名前を入れさせて頂いたことはありませんでした。今回は大きなところに掲載されたということで許可を取ってお名前を入れさせていただきたかったのですが,それは叶いませんでした。ただ,生前の先生との会話で

私「あ,この論文,先生のお名前入ってますよ」

先生「ホンマやwwwうん,見た気もするwww」

とかいうやり取りが複数回あったことから,気を悪くされることはないだろうと思い,今回こっそりと謝辞にお名前を入れさせて頂きました。すみません。少しは,教えて頂いたことが身についていますでしょうか。

広告

授業見学の感想2

忘れてたわけではないですが,「授業見学の感想1」を書いてからなかなか続編を書くためのアレがアレでした。Todoリストの一番上に残り続け,つねに切迫感に苛まれつつも見て見ぬフリをしてここまできて,そろそろ奴の顔を見るのも辛くなってきたのでなんとかしようと思います。
中京法律専門学校で教鞭を執る田村祐氏の英語授業の見学レポートです。

2時間目は,TED Talkを使った授業でした。最初は,前回の授業で見たという動画の続きからでした。英語で見て聴いて,その聞いた内容を概念図としてシートに描写していきます。

この方法は,聴き取れたものを片っ端から書いて行く方法だと,あまり内容を考えずに頭の方と最後の方だけ完訳するとか,単語だけ聞き取れて内容が良く理解できないとか,そういうことを防ぐ効果もありそうです。英語を何回か聞いて,最終的には日本語字幕つきで聴いて確認していたのですが,日本語字幕の際には英語で聞き取れたところと区別するためにペンの色を変えて(黒→赤)概念図を書き加えるというもの。

赤いところがだんだん少なくなっていくといいね,と言ってましたが,なるほど。これも自身の達成度が視覚的に見えてすばらしい工夫ですね。いつかやってみようと思います。

次に新しい内容に移り,最初に必要となる語句のブレスト。シートにいくつかの語が書いてあって,その反対語を自分で考えるという中で,Talkの中で使われている語を学んでいきます。ただ単に英語が書いてあって意味の確認だけやるよりも退屈しないし処理も深くなりそうでこれも真似したいところです。

リスニングは(1)字幕なし通常スピード→(2)字幕なし遅めスピード→(3)英字幕あり通常スピード→(4)日英字幕あり通常スピードと進められていきました。

英語字幕のときはところどころ穴抜きになっていて,そこをディクテーションするというアクティビティ。スピードを変えたり字幕を穴抜きにしたりどうやってこれやってんの?と思ったら,大阪大学の今尾先生が作成された “casual transcriber“というソフトを用いて簡単にできるんだそうです。もともと文字起こしに便利なソフトだそうですが(藤田卓郎先生のサイトに説明があるので併せてご参照ください),こういう応用もできるんですね。

授業の話にもどると,ディクテーションの穴埋めの答え合わせも,たとえば(the)(shoes)となっている部分で,(a)と答えた人がいて,あ,間違えた,と思ったら「なるほど,で,次は?」とスルーして,「(shoes)です」と学生が答えると,「そう,でも a shoesってなんかおかしいよな?」とガーデンパスして考えさせたりと,結構細かいところまで工夫してるように思いました。どれくらい狙ってやってるかわかんないですけど,これをちゃんと実践しようと思うと机間巡視中にもちゃんと見てないとできないはずです。その後のアクティビティを考えながら見て回るというのは,私もちゃんと考えながらやってたはずですが,最近はタスク中の即時的なフィードバックが主な狙いになってそればっかり考えていた気もしてきて,どの程度そういう配慮を念頭に置きながら自分はできていたかなとハッと振り返させられました。

その後,動画の内容について事前に書いてあったプロンプトに沿って意味理解を確認し,「正しい靴紐の結び方」みたいな動画でしたが,どう結んだらほどけにくいのか実際に紐を結んでみたりして,ただ文法や発音だけではなくしっかりと内容にフォーカスをあてた楽しい授業でした。その中で,聞き取りづらいポイント(不定冠詞のaがエイと発音されてるとか,canとcan’tの強勢での聞き分け方とか,themが’emと発音される部分とか)もちゃんと捉えており,なんでその部分が聞き取りにくいのかをフィードバックして,もう一度聴いてみる。自分は聞いてるだけでしたが,90分飽きることもなく,おわったあとメチャメチャ英語使った感がありました。

こういう満足感って大事だと思うんですよね。楽しいっていってもゲーム感覚でゆるいだけじゃ身につかないですし,この授業で英語が身につくのか?という疑念すら起こってしまう。かといってギチギチに忙しいとこの授業は大変というイメージしか残らないし。そう思っているから,私も授業のリフレクションで「難しいけど,大変だけど楽しい」なんていうコメントがつくと一番ニヤっとします。っていうかまずリスニング苦手だからこの授業学生として毎週出たい。

さて,二回にわたってレポートをしました。授業見に行く前はもうちょっとこうネガティブな部分とか指摘して改善点とか話し合えるかなと思ったのですが,なんかごめんなさい。もちろん英語教師としては私とは経験してるコマ数が違うし,彼は中学校でも授業を行って,かつ毎日一生懸命に授業改善について考え続けていたことは知っていたので,彼の授業から謙虚に学べることが多いとは思っていたのですが,なんかこちらが参考にできることばかりで,授業を見せてくれた彼に対してはたいしたフィードバックもできなかった感じでやや反省です。よく考えたら,自分が授業を持つようになってから他人の英語の授業をみるのはこれで始めての経験だったのですが,これからも色んな授業をみて自分の授業についても考えていきたいと思います。