PPPとタスク―原理的定義からいくつかの譲歩を考慮した場合の,その類似点

愛知学院大学で行われたDr. Hosein Nassajiの講演会で,奈良教育大学の佐藤臨太郎先生を中心に,EFL環境では明示的知識がどれほど重要かという話題になり,それがPPPとタスク中心教授法(Task-based language teaching, TBLT)の話になり,懇親会でも活発に話し合われていた。特に,あまり多くは聞けなかったが,タスク中心教授法で著作も多い名城大学の松村昌紀先生とのやりとりがとても興味深かった。
その際に,私は「佐藤先生と松村先生のご意見は,目的はもちろん,その道筋に関してもあまり大きく違うようには思えない」という発言をして,「そうか?」とか「うん。」とか色々な反応を頂いた。その発言の直後に時間切れになってしまったので,それ以上の議論は叶わなかったが,その時に考えていたことをもう少しここで整理して書き留めておこうと思う。

陳腐な逃げ詞かもしれないが,ここにメモしたことは,第二言語習得の研究者としても駆け出しで,それを勉強しながら授業で試行錯誤を繰り返しているいちぺーぺー英語教師の主観的感想が多分に含まれている。したがって,ここに書いてあることはInstructed SLAにおいて提案されている概念・思想を過不足なくまとめたものでもなければ,これをもって日本の英語教育がどうあるべきかを提言するような意図も全くない(後記: 書き終わってから見ると,二人の尊敬する先生方に対して勉強不足の半人前院生がドヤ顔で「セイセイ」とかやってる画が浮かんで,なんか不本意にも生意気な文章かな…とも思ったりしますが,うまい書き換え方がわからないのでとりあえずそのまま公開します。ごめんなさいごめんなさい)。ただ,こういう考えで自分が研究なり授業なりを行っているというのは事実なので,そんなんじゃダメだとか,考えが甘いとかいうご意見は,自分の成長のためにも歓迎したい。

まず前提として,PPPとTBLTはどちらの立場も「実際の言語使用をおこなう機会を提供する」という観点では相違はない。私の理解が誤っていなければ(誤っていた場合,訂正をお願い致します。。。),佐藤先生はPPPを基調としながらも,文法の教授は「inductiveでもいいし,reactiveでもいい。ただ文法項目に対する明示的知識を教授する機会はあるべき」ということだったと思う(浦野研先生がとある研究会で,佐藤先生本人に対して,佐藤先生は「言うほどPPPじゃないよ」と仰っていたのが印象的だったが,この”inductive/reactiveでもいい”という点が佐藤先生が厳密なPPPから譲歩する点だと思う。とはいえ,オーラルイントロダクションはそれを重視する度合いによっては完全にinductiveが念頭にあるし,工夫次第ではreactiveな指導といえるところに持っていくこともできるのだろうけれど)。一方,松村先生はTask-basedを理想としながらも,それは文法指導行うべきではないということを意味しない,というご意見をお持ちであると理解している(これもWillisなどをはじめとして,そういった立場はTBLTを掲げる人たちの中でもそんなに少数派ではないが,Long提唱するような「原理的な」TBLTからの譲歩と捉えることもできる)。

EFLで明示的知識が大切というのには私もそうだよなあと思う。しかしそれはEFL環境では学習者の習得メカニズムが異なる(たとえばESLではweak interfaceなのにEFLだからstrong interfaceになるとか)と思うからではない。そうではなく,なんらかの達成しなければいけない課題(タスク)を前にしたとき,日常的になんとかかんとかコミュニケーションを取ることが必須であるESLとは違い,与えられた課題によっては,なんとかかんとかやりとりをするための道具立ても持たないことによって黙り込んでしまうようなケースがしばしばあると思うからだ。
そういう場合の解決法は思いつく限りは2つあって,

1. 現在できるところまで課題の難度を下げる(※1)
2. 課題を遂行するために有用な道具立てをする(明示的知識を教示する)

というものである。この点に関して言えば,二人の先生方はこの時にとるべきだとお考えのアプローチはもしかして違うかもしれない。
SLAベースのタスク中心教授法でよく示されるのは1の方法だろうが,入試に関するニーズなどのことを考えると—もちろん明示的知識を教授する目的に基づく(?)「訳読」のみでは入試に必要な知識が充分身につくわけではないという調査(※2)を考慮した上でも—2のように明示的知識をはぐくむ必要性もある程度納得できると思う。
ただ学習者がその「道具立て」の必要性を感じるかどうか,感じさせる方法はなにかと考えると,やっぱりまず使ってみることが必要になってくるのではないかと思う(し,そのことは別に私の思いつく新規な意見でもない)。いくらシチュエーションを用意しロールプレイを示されたところで,それを外国語で使う状態になったことがない場合,必要性は薄く感じられてしまうのではないだろうか(※3)。
そう考えると,たとえばPPPのような帯を念頭にreactiveな文法の導入を可とするならば,PPPのうちproductionを頭に持ってきて(入れ替えてもいいし,付け加えてもいいと思う。PPPPみたいな。これは一つの例なので,必ずしも産出タスクである必要はないが),その上でreactiveな視点を取り入れたら,それはほとんどタスクの理念と変わらない活動じゃないかという気になってくる。とりあえず学習者が何らかの必要性を感じるような課題をやってもらい(確かにPPPはターゲット項目が設定されるだろうし,TBLTではされないかもしれない。しかし,最初の産出ではたとえターゲット項目があったとしてもその必要性を感じてもらうことが目的なので,そうなると自然に「課題の遂行」に目的を置くことになる),その課題遂行のために必要なことを考えてもらう。reactiveな視点で学習者の課題遂行の状況を観察していると,個々の発達に応じてその後教示すべきなものが見えてきて,それは必ずしも想定していたターゲット項目とは違うかもしれない。その後の文法項目の導入と練習で,事前に用意したターゲット項目を対象にしたとしても,見えてきた「(ターゲット項目以外で)必要な道具」を焦点にしたフィードバックを加えれば,それはもうタスクに基づくフォーカスオンフォームとほとんど同様の活動なのではないだろうか。

考えたことをまとめると,

PPPのdeductive,preemptiveな観点を譲歩して,かつTBLTにreactiveな明示的指導を付け加えると,その二つの教授法は,目的も手段もほとんど差異がなくなるのではないか,ということ(※4)。

佐藤先生の仰るように,「いずれにせよ,英語を使わせる機会が極端に不足しているのが問題」という観点に立てば,二つの立場において対立する点というのは実は非常に少なくて,つまりこの両立場はとてもcompatibleなのではないか,と思ったということでした。


※1: 私の場合,受け持つ学生の英語習熟度がけっこういろいろなので,教室によっては全く文法を導入しない状態から,ジェスチャーだけや数語の語彙知識でも遂行できるほとんどノンバーバルタスクと言えるものを使ってタスクを導入することもある。その工夫やその後の文法的なものの表現についてはまたいつか書きたい。

※2: 関静乃・加藤和美・茶本卓子・永倉由里・三浦孝・亘理陽一(2011).「現代の大学入試問題に,文法訳読式授業はどれだけ対応できるか:高校英語授業改革プロジェクト発表その1」『中部地区英語教育学会紀要』40: 315-322.

※3: これもかなり主観的な経験談であるが,私はあまり真面目な学部生ではなく,いまやってるようなことに興味もなければ教員養成コースを取るよりも前だった時期にスペイン語を習い,ロールプレイが書かれたテキストを見ながら「まあ世界のどこかでこういうやりとりは起きてるだろうね」とぼやきつつ,プリントの端に書いたメモを何も考えずに読み上げていた。ちなみに単位は2回落とした。

※4: この「目的」というのは冒頭に書いた言語使用機会の保証という点である。もっと理念的な話になると,TBLTは言語項目の教授それ自体が目的ではないので,シラバスの組み方やアセスメントなんかには差が出るかもしれない。ただ,実際にこの2点が対比される際には,根本的な差異があるこれらシラバスやアセスメントの違い以外の本エントリで言及したような部分で比較がなされることがとても多いとも思う。

広告

論文レビューの観点

毎年いろんな場所で論文をレビューしていて,徐々に自分が論文を読んでレビューする際の観点が変わってきたことに気づいた。

ふと,昔,稲垣先生の授業で論文をレビューしたときのことを思い出した。博士前期課程にいたころの話で,当時の私はなんかこう今より変な方向にとがっていて蘭ーーーーん論文をレビューする際にもとにかく沢山批判することしか考えていなかった。

レビューの発表が終わってドヤァとしていた私に先生はひとこと,

「この論文の欠点はわかったけど,評価すべきところはどこ?なんでこの論文選んだの?」

と尋ねた。

私はハッとなってついおならをした。

やはりいいジャーナルに載っている論文はそれなりに理由があって,ある程度欠点があっても,それが多かったとしても,それが後にものすごい被引用数を持つことがある。その論文の結果はそうやって人の目に触れ続け感心を持たれ続ける以上,その後どんどん精緻化されていくだろうし,それはそのテーマが学界にとって必要だったということ。それは,そこに掲載することでこの学界の何かが進展するとエディターが適切に見抜いたということを裏付けているのだろう。

そもそも批判すべき点のない研究などありようがないので,どんどん細かいところを突いていくのは建設的なことも多いだろうが,それが目的となってはいけないのかもしれない。僕は発達段階としてとにかく論文を批判的に読むということは大切だと思うし,自分がそうだったことを後悔したことはないけれど,そうやって分野を切り開いてきた,まだ目は粗いかもしれない研究を,適切に評価できる目を持ちたいと思う。まず,そういった論文の何が面白いのかわかるようにならなければ,掲載されて引用される「いい論文」は書けないのかもしれない。

※ここまで書いて,隣の隣に座っている人が批判的論文レビューのメモをブログに載せていたのを思い出しましたが,その記事はこのエントリを書く際にまったく意識してなかったので,怒らないでください。