言語教育の具体的方法論の裏にある言語観,学習・教育観

昨日(12/16)に行われたCELES愛知の講演で青木昭六先生のお話を伺ってきました。

講演タイトルは「What do you think about “T-ASK” activities?」というものでした。

講演では,JespersenやWiddowsonやHallidayといった研究者をはじめとする広範な引用から「言語」や「コミュニケーション」が論じられ,そこから先生の「言語観,言語学習・教育観」が展開されていきました。その達成方法として,推論発問とそれに基づくコミュニケーションによるモデルが具体的に示されていました。正直,少々難解だったけど,ハンドアウトを見直して少し時間をかけて咀嚼する必要があると感じる含蓄に富む講演でした。

個々での内容は,青木先生が長い時間をかけて,言語とはどのようなものかということから突き詰め,言語教育とはどのように行うべきか考え続けた一つの結論なのだと思います。外国語学習・教授を具体的に「どう行うか」という議論になる際には,何かと,どうやったら記憶に残るか,どうやったらそれを早く引き出せるかが焦点になりがちですが,そもそもその教授の対象はどのようなものか考え,理解すること理解は極めて大切だと改めて感じます。

そういえば,第二言語習得研究者の若林茂則先生が外国語教育の対象たる(第二)言語について論じたうえで英語教育を考えるという動画があり,このあいだ興味深く拝見しました。

しかしこの動画の編集かっこいいな・・・。中央大はいりたくなるわ・・・。

 

最近書かせて頂く記事に隙を見てちょこちょこと書いてるんですが,言語教育に従事する際にはもちろんのこと,どんな研究をしていても,その具体的な方法論を論じる際にはその人がベースとしてる言語観・教育観が不可避的に反映されるわけですから,自身のベースにあるディシプリンは何にしろそこには自覚的・自己反省的でありたいし,考え続けたいものです。

 

また青木先生の講演に戻ると,タイトルにある「T-ask activities」は,先生(Teacher)が問う(ask)推論発問とタスク(task)をひっかけて松村さんをからかったタイトルだそうです。お話を伺っているとそこに込められた意味は単なるからかい以上に深く,いわゆる教育における放任-押し付けのジレンマに対しての問題提起もあるようでした。青木先生自身はいわゆる「問題解決型」の授業を否定するわけではなく,しかし先生が主導的に発問を行って生徒が得るべき「言語能力(これももちろん記憶の貯蔵と検索の意味を超えたもの)」を引き上げるという観点へしっかりと目くばせしています。その最適解は恐らく,このような二項対立的「あれか,これか」のはざまの微妙なバランスにあるのでしょうが,その微妙な点に自分なりの答えを見出せるかどうかも,知識を基にした熟考の上に確立された言語観の有無にかかっているのでしょう。

教科書にあるマテリアルと,そこに対する推論発問のみで生徒が目を輝かせながら能動的に考え積極的に活動する授業を行う先生はいますし,そのような状態を目指したはずなのにつまらないタスクを用いた授業というのも現実には存在するでしょう。もちろんテクニック的な上手下手はあるのでしょうが,結局は「よい授業」のためにはそれにふさわしい認識の基盤が必要なのだろうなあと考えさせられました。

広告

2016年の振り返り

このブログはここのところは数エントリおきに年越し前の振り返りな気がするんですけどまあいいです。
今年は仕事で静岡に移りました。だいぶん長いこと過ごした名古屋を離れて静岡です。
静岡って実は結構いろいろ縁があります。高校の時に初めての全国大会で盛大に失権したのが御殿場ですし,夢破れてすべて投げ出したのがつま恋でした。その後,研究というものに出会う大学2年生までくさったしたいのように過ごしてGPA1.4とか取ったエピソードに続く。全くかっこいい話じゃないです。
そんなこともありつつ決して静岡が嫌いなわけでもなくて,ただなんかの節目に立ちはだかるイベントは常に静岡だなあって感じもしています。

とは言っても,別に今の職場に不満はないです。周りはいい人ばかりだし,学生さんも優秀です。ただ自分がなかなか不器用で,多いコマ数を捌くのが大変で勝手に忙しくしていました。
今日はくだんの高校時代,いかにして相手を打ち負かすかということばかり考えていたあの時代によく聞いていたチャットモンチー『耳鳴り』に所収さるる曲を聴きながら大掃除しておりましたです。蜂の巣にされたin静岡ーってかやかましいわ。
研究のほうでは,なんかあまり芳しい結果が出た年ではありませんでした。某国のジャーナルに送ったら,なんかレビューに全然送られないし,レビューに送られるまでにクレームのメール2件くらい必要っぽいし,メジャーリビジョン2回なったのに送り返すたびに半年くらい待たされるし,どうなってんのってメール送っても無視されるし。もういっこのところは一年くらいレビューしててまだ結果帰ってきてないし(そんで「まだレビュー中ですか」ってメール送ったら「まだレビュー中だよ!」って返事来た),そんなだったので,アクセプト全くなくモチベーションも上がらないし。研究費関連の申請も全部リジェクトでした。論文書いてもプルーフリードできないので後期からはまったく論文かくのをやめてしまいました。なかなかうまくいかないものです。あ,でも日本語で書いたやつを投稿してたのが最近帰ってきたので,書き直し頑張ります。

身体の方は,春から腰が痛くてそれが背中に来て,最終的に首に来ました。首の椎間板が良くないらしくて,変な姿勢だとすぐ痛み始めます。重い荷物をリュックとかで背中に持つと30分くらい歩くだけで腕が痺れてくるのでなかなか困りものです。他にも内科的には消化管が悪いっぽくて,あとシップの張りすぎで首の皮膚がただれてきたりとか,まあもう節々が痛いし痒いし。夏には牡蠣に当たったりして辛い思いをしました。過去最悪のコンディションでした。

しかしそうはいっても,2017年は今年以上にいろんなイベントがありそうで,忙しくなりそうです。乗り切る為にはメンタルもフィジカルも健康でなきゃいけないし,ますます気合い入れて頑張らないといけません。
とにかく,来年はもうちょっといろいろできるといいなあと思います。良い年と悪い年は周期的にやってくるので,2015年が調子よかったしまあこんなもんかなーと,そんなふうに考えながらあまりストレスためないように何とかかんとかやっています。今年は溜めた(貯めてはいないけど)ので,2017年はより飛躍の年になるといいです。
毎年のルーチンワークを忘れずに年を越したいのでそろそろこのへんで。今年はもうほとんど過ごす時間が無いので,どうかみなさま良い年をお迎えください。

寝る前のルーティン

例えば来客があるとか,酔って帰ってきてそのまま布団にダイブするとかでない限り,いつも寝る前にこなすルーティンがある。それは少しお金に余裕ができたりすると,増えたりしていまでは結構な長丁場となっている。

まず疲労回復に良いらしいビタミンC錠を飲む。これは食後のことが多いが,忘れていたらここで飲む。

それで,きな粉を溶かしたあたたかい牛乳を飲む。

アロマオイルをディフーザーにセットする(最近はラベンダー2滴にユーカリ1滴が主なレシピである)。

ディフーザーのスイッチをいれる。下半身をメインに簡単なストレッチを行い,ついでにこの前後で足つぼを刺激しておく。どこかのタイミングで,その後の工程に必要になるホットアイマスクのレンチンを先にしておく。

目薬をしてホットアイマスクをつける。そして,楽な姿勢をとり瞑想をする。

睡眠に入る。そして,今日も研究をしなかったという罪悪感を,まどろみの中に葬り去る。

 

必要な「アクティブ」さ

先週までの授業では,スピーキングとライティングの違いを考え,とくにライティングでは文章の構造が読み手に大きな影響を与える話を例を交えながら行った(そしてその前に同内容について実際に英語しゃべってもらっている)。その上でwell organizedなライティングを行うためには,プランニングをどのように行えばよいかという内容を扱った。その上でライティングをしてきてもらい,ルーブリック評価の話を交えながら,実際に他人の書いてきた文章を観点別に評価し,フィードバックしあってもらった。

学生は他人の作文を読む中で,同じ内容についても異なる切り口や表現に多く触れることになる。また,読者の観点から他人の同じ内容の英文を読むことで,表現や構造も含めどのような点がその文章を読みやすく/にくくしているかをそれぞれが考える。その一つ一つをメモして,自分のライティングをどのように変えればよりよくなるか,ひとりひとりに考えてもらう。その後のリフレクションでは,どのようなことを学んだかについて各々とてもたくさんの内容が出てきて,ひとまず安心した。

そんななかで,評価してフィードバックを行っている授業風景を,アクティブ・ラーニングの紹介としてよく見る風景と同じだなあと思いながら眺めていた。私は自分の授業を「アクティブ・ラーニングです」と紹介したことはないし,その理念をちゃんと勉強して取り入れているわけでもないが,とにかくそんなことを思ってみていた。

「アクティブ・ラーニングをしなければいけないので,読んだ内容について生徒に話し合わせたんですが,シーンとして誰も話し合わないんです」という話を以前伺ったことがあった。話し合ってね,とか,これについて何を思いますか,といったところで,なかなか活発に意見を出してくれはしない。私も未熟であるがゆえにそんな経験をいくつかして,それですこしずついろいろな変更を加えてくるなかで,だんだんとどういう状況だとうまくいって,どういう状況だとうまくいかないかわかるようになってきた。そして,アクティブに意見を言うようになる前に,自分の意見を十分に考える時間やきっかけが必要なことも感じ,しかもその考えを練るには相当の時間が必要なこともわかりはじめた。活発に意見を交わす「アクティブな活動」の前にはいつも,主体的に考える,静かではあってもアクティブな個々人の心的活動があるように思える(話すための原稿を作る時間とか,そういうのとは別のものだ)。

もちろんほかにも本人たちの自信や慣れといった本当に多くの要因の影響がある。

しかし一方で,既習事項の文法の穴埋め問題の答えを話し合わせるといった形式で授業をやっても,ある程度学生は話すし,見た感じ同じようなアクティブさになる。しかしよく見てみると,答えがわかっている人がわかっていない人に解説をしているだけであったりする。もちろん,答えがわかっている人は説明することで理解が進むこともあるし,説明を聞いた側はそれで理解できたりするので,それ自体が即悪いというわけではない。つまりは,写真や動画でみたときに見た目がおなじような「アクティブさ」でも,その中で起こっていることは大きく異なるという,考えてみれば当たり前のことが,今週はなんだかいつもと違うイメージで捉えられた。

彼/彼女らにはどいういう「アクティブさ」が「有用」なんだろうと考える。

2015年のまとめ

WordPress.com 統計チームは、2015年のブログの年間まとめレポートを用意しました。

概要はこちらです。

サンフランシスコのケーブルカーには60人が乗車できます。2015にこのブログは約3,200回表示されました。ケーブルカーに置き換えると、約53台分になります。

レポートをすべて見るにはクリックしてください。

PPPとタスク―原理的定義からいくつかの譲歩を考慮した場合の,その類似点

愛知学院大学で行われたDr. Hosein Nassajiの講演会で,奈良教育大学の佐藤臨太郎先生を中心に,EFL環境では明示的知識がどれほど重要かという話題になり,それがPPPとタスク中心教授法(Task-based language teaching, TBLT)の話になり,懇親会でも活発に話し合われていた。特に,あまり多くは聞けなかったが,タスク中心教授法で著作も多い名城大学の松村昌紀先生とのやりとりがとても興味深かった。
その際に,私は「佐藤先生と松村先生のご意見は,目的はもちろん,その道筋に関してもあまり大きく違うようには思えない」という発言をして,「そうか?」とか「うん。」とか色々な反応を頂いた。その発言の直後に時間切れになってしまったので,それ以上の議論は叶わなかったが,その時に考えていたことをもう少しここで整理して書き留めておこうと思う。

陳腐な逃げ詞かもしれないが,ここにメモしたことは,第二言語習得の研究者としても駆け出しで,それを勉強しながら授業で試行錯誤を繰り返しているいちぺーぺー英語教師の主観的感想が多分に含まれている。したがって,ここに書いてあることはInstructed SLAにおいて提案されている概念・思想を過不足なくまとめたものでもなければ,これをもって日本の英語教育がどうあるべきかを提言するような意図も全くない(後記: 書き終わってから見ると,二人の尊敬する先生方に対して勉強不足の半人前院生がドヤ顔で「セイセイ」とかやってる画が浮かんで,なんか不本意にも生意気な文章かな…とも思ったりしますが,うまい書き換え方がわからないのでとりあえずそのまま公開します。ごめんなさいごめんなさい)。ただ,こういう考えで自分が研究なり授業なりを行っているというのは事実なので,そんなんじゃダメだとか,考えが甘いとかいうご意見は,自分の成長のためにも歓迎したい。

まず前提として,PPPとTBLTはどちらの立場も「実際の言語使用をおこなう機会を提供する」という観点では相違はない。私の理解が誤っていなければ(誤っていた場合,訂正をお願い致します。。。),佐藤先生はPPPを基調としながらも,文法の教授は「inductiveでもいいし,reactiveでもいい。ただ文法項目に対する明示的知識を教授する機会はあるべき」ということだったと思う(浦野研先生がとある研究会で,佐藤先生本人に対して,佐藤先生は「言うほどPPPじゃないよ」と仰っていたのが印象的だったが,この”inductive/reactiveでもいい”という点が佐藤先生が厳密なPPPから譲歩する点だと思う。とはいえ,オーラルイントロダクションはそれを重視する度合いによっては完全にinductiveが念頭にあるし,工夫次第ではreactiveな指導といえるところに持っていくこともできるのだろうけれど)。一方,松村先生はTask-basedを理想としながらも,それは文法指導行うべきではないということを意味しない,というご意見をお持ちであると理解している(これもWillisなどをはじめとして,そういった立場はTBLTを掲げる人たちの中でもそんなに少数派ではないが,Long提唱するような「原理的な」TBLTからの譲歩と捉えることもできる)。

EFLで明示的知識が大切というのには私もそうだよなあと思う。しかしそれはEFL環境では学習者の習得メカニズムが異なる(たとえばESLではweak interfaceなのにEFLだからstrong interfaceになるとか)と思うからではない。そうではなく,なんらかの達成しなければいけない課題(タスク)を前にしたとき,日常的になんとかかんとかコミュニケーションを取ることが必須であるESLとは違い,与えられた課題によっては,なんとかかんとかやりとりをするための道具立ても持たないことによって黙り込んでしまうようなケースがしばしばあると思うからだ。
そういう場合の解決法は思いつく限りは2つあって,

1. 現在できるところまで課題の難度を下げる(※1)
2. 課題を遂行するために有用な道具立てをする(明示的知識を教示する)

というものである。この点に関して言えば,二人の先生方はこの時にとるべきだとお考えのアプローチはもしかして違うかもしれない。
SLAベースのタスク中心教授法でよく示されるのは1の方法だろうが,入試に関するニーズなどのことを考えると—もちろん明示的知識を教授する目的に基づく(?)「訳読」のみでは入試に必要な知識が充分身につくわけではないという調査(※2)を考慮した上でも—2のように明示的知識をはぐくむ必要性もある程度納得できると思う。
ただ学習者がその「道具立て」の必要性を感じるかどうか,感じさせる方法はなにかと考えると,やっぱりまず使ってみることが必要になってくるのではないかと思う(し,そのことは別に私の思いつく新規な意見でもない)。いくらシチュエーションを用意しロールプレイを示されたところで,それを外国語で使う状態になったことがない場合,必要性は薄く感じられてしまうのではないだろうか(※3)。
そう考えると,たとえばPPPのような帯を念頭にreactiveな文法の導入を可とするならば,PPPのうちproductionを頭に持ってきて(入れ替えてもいいし,付け加えてもいいと思う。PPPPみたいな。これは一つの例なので,必ずしも産出タスクである必要はないが),その上でreactiveな視点を取り入れたら,それはほとんどタスクの理念と変わらない活動じゃないかという気になってくる。とりあえず学習者が何らかの必要性を感じるような課題をやってもらい(確かにPPPはターゲット項目が設定されるだろうし,TBLTではされないかもしれない。しかし,最初の産出ではたとえターゲット項目があったとしてもその必要性を感じてもらうことが目的なので,そうなると自然に「課題の遂行」に目的を置くことになる),その課題遂行のために必要なことを考えてもらう。reactiveな視点で学習者の課題遂行の状況を観察していると,個々の発達に応じてその後教示すべきなものが見えてきて,それは必ずしも想定していたターゲット項目とは違うかもしれない。その後の文法項目の導入と練習で,事前に用意したターゲット項目を対象にしたとしても,見えてきた「(ターゲット項目以外で)必要な道具」を焦点にしたフィードバックを加えれば,それはもうタスクに基づくフォーカスオンフォームとほとんど同様の活動なのではないだろうか。

考えたことをまとめると,

PPPのdeductive,preemptiveな観点を譲歩して,かつTBLTにreactiveな明示的指導を付け加えると,その二つの教授法は,目的も手段もほとんど差異がなくなるのではないか,ということ(※4)。

佐藤先生の仰るように,「いずれにせよ,英語を使わせる機会が極端に不足しているのが問題」という観点に立てば,二つの立場において対立する点というのは実は非常に少なくて,つまりこの両立場はとてもcompatibleなのではないか,と思ったということでした。


※1: 私の場合,受け持つ学生の英語習熟度がけっこういろいろなので,教室によっては全く文法を導入しない状態から,ジェスチャーだけや数語の語彙知識でも遂行できるほとんどノンバーバルタスクと言えるものを使ってタスクを導入することもある。その工夫やその後の文法的なものの表現についてはまたいつか書きたい。

※2: 関静乃・加藤和美・茶本卓子・永倉由里・三浦孝・亘理陽一(2011).「現代の大学入試問題に,文法訳読式授業はどれだけ対応できるか:高校英語授業改革プロジェクト発表その1」『中部地区英語教育学会紀要』40: 315-322.

※3: これもかなり主観的な経験談であるが,私はあまり真面目な学部生ではなく,いまやってるようなことに興味もなければ教員養成コースを取るよりも前だった時期にスペイン語を習い,ロールプレイが書かれたテキストを見ながら「まあ世界のどこかでこういうやりとりは起きてるだろうね」とぼやきつつ,プリントの端に書いたメモを何も考えずに読み上げていた。ちなみに単位は2回落とした。

※4: この「目的」というのは冒頭に書いた言語使用機会の保証という点である。もっと理念的な話になると,TBLTは言語項目の教授それ自体が目的ではないので,シラバスの組み方やアセスメントなんかには差が出るかもしれない。ただ,実際にこの2点が対比される際には,根本的な差異があるこれらシラバスやアセスメントの違い以外の本エントリで言及したような部分で比較がなされることがとても多いとも思う。

論文レビューの観点

毎年いろんな場所で論文をレビューしていて,徐々に自分が論文を読んでレビューする際の観点が変わってきたことに気づいた。

ふと,昔,稲垣先生の授業で論文をレビューしたときのことを思い出した。博士前期課程にいたころの話で,当時の私はなんかこう今より変な方向にとがっていて蘭ーーーーん論文をレビューする際にもとにかく沢山批判することしか考えていなかった。

レビューの発表が終わってドヤァとしていた私に先生はひとこと,

「この論文の欠点はわかったけど,評価すべきところはどこ?なんでこの論文選んだの?」

と尋ねた。

私はハッとなってついおならをした。

やはりいいジャーナルに載っている論文はそれなりに理由があって,ある程度欠点があっても,それが多かったとしても,それが後にものすごい被引用数を持つことがある。その論文の結果はそうやって人の目に触れ続け感心を持たれ続ける以上,その後どんどん精緻化されていくだろうし,それはそのテーマが学界にとって必要だったということ。それは,そこに掲載することでこの学界の何かが進展するとエディターが適切に見抜いたということを裏付けているのだろう。

そもそも批判すべき点のない研究などありようがないので,どんどん細かいところを突いていくのは建設的なことも多いだろうが,それが目的となってはいけないのかもしれない。僕は発達段階としてとにかく論文を批判的に読むということは大切だと思うし,自分がそうだったことを後悔したことはないけれど,そうやって分野を切り開いてきた,まだ目は粗いかもしれない研究を,適切に評価できる目を持ちたいと思う。まず,そういった論文の何が面白いのかわかるようにならなければ,掲載されて引用される「いい論文」は書けないのかもしれない。

※ここまで書いて,隣の隣に座っている人が批判的論文レビューのメモをブログに載せていたのを思い出しましたが,その記事はこのエントリを書く際にまったく意識してなかったので,怒らないでください。

2014年をふりかえる

などということをしようと思ったけど,いろいろ思い出していたらめんどくさくなった。
夏まではよかった。オーストラリアってた頃はまだよかった。後半はどうもアカンかった。授業はちゃんと時間かけて準備してやってたけど,研究に関しては結果的に,研究を始めてから一番サボってた年となった。まあそれは別にいいんですが。

来年はいい年になりますように。

Reject after reject

リジェクトを告げるメールには,
“this does not imply that the study is not appropriate or well conducted, or that the results would not be informative or potentially interesting or useful if published in a different journal. ”

と書いてあって,
“Status”の欄には,

IMG_5230.PNG

オーララー

新年

2014年になりました。あけよろです。
今年も幸多き一年になりますよう。

今年も去年から準備してきた研究がいくつかあって,博論もパイロットくらいまで進めたいと思っているので,いい感じに忙しくなりそうです。
ただこの年末年始でめがねなくしたり財布がトイレにダイブしたり末吉引いたりとあまりいい感じではないですが,1,2,3月は四柱推命的にも良くないのでまあこんなもんです。何を言ってるんだ私は。

2月は基礎研の年次研究会があります。発表を受け付けているのでふるってご応募ください。
講演が関西大学の水本篤先生,ワークショップが静岡大学の亘理陽一先生と名古屋大学の草薙邦広さんです。このような始まったばかりの小さな会にわざわざ来ていただけることを心より感謝致します。

決まっている発表としては,夏のブリズベンでAILAがありそこで発表します。1/10に発表申し込みをする予定がある学会発表もあるので,また色々な場所でお会いできたら幸いです。

それでは今年も一年よろしくお願い致します。